manman official websitemanman official website

楽曲解説

マイノリティ・リポート #07

Never Give Up! 楽曲解説

『Never Give Up!』

まずこの曲には僕の所属する2MC HIP HOPクルー「アラケズリ」でDJを務めて頂いている、DJ HAYABUSAさんにスクラッチを入れていただいていて、ミクスチャー感溢れる新しいサウンドになっているので、そちらも注目していただきたい。

さて、「ウンコが漏れそうでトイレを求めて街を激走する」という正に「クソ」みたいな当曲だが、僕がこの曲に求めたのは「ヒーロー性」である。

この曲で主人公が脱糞してしまう場面は2つ。ウンコが漏れそうで泣き叫ぶ少年にトイレを譲る時と、彼女と最後の別れなのに便意をもよおしてしまった青年にトイレを譲る時である。読んでわかる通り、実は彼は自分の事を顧みず、自己犠牲によって他人を救っているのだ。しかし彼は結果としてウンコを漏らした事で敗北者の烙印を押され、笑い者にされてしまっている。これは現代社会の「結果が全て」という見解の皮肉でもあり、この曲を笑えるモノに昇華するトリックでもある。

この曲の主人公は、とても優しく、そしてとても強い人だ。というのも、ウンコが漏れそうな時って、どういう心理状態だろうか。もたもた前を歩くヤツを殴り飛ばしたい、エスカレーターでさっさと進まないヤツは引きずり下ろしたい、先にトイレに入ってるヤツはドアを蹴破ってでもぶっ殺したい、などなど。そこには理性や優しさを失った自己中心的な自分があるはずだ。少なくとも僕はそうだ。でも彼は、自分は漏らして、他人にトイレを譲れる人。それって冗談抜きですごい事だと思う。そして彼は、この話を笑いながら皆に話せる人なのだ。このダサくてカッコ悪い彼こそが、強くて優しい、理想のヒーローなのである。女性にはわからないかな、このカッコ良さが。(笑)

「顔で笑って腹で泣く。」ノーパン姿で帰る彼には、映画「男はつらいよ」のこんな歌詞がよく似合う。